自分について深く知ろう

自己紹介の準備をしよう

自分を具体的に説明することで、面接をクリアしやすくなります。
自己紹介を尋ねられるケースが多いので、答えを用意しておきましょう。
深く自分のことを知るために、ノートに好きなことや得意なことを書いて整理するのがおすすめです。
自己紹介をする時は、仕事と関連付けて説明すると面接官に良い印象を与えることができます。


関係無いことを言っても、相手に伝わりません。
性格を述べる時は、真面目だからどんな仕事でも一生懸命取り組めるなどと伝えてください。
意外と、自分の性格を分かっていない人が多いです。
改めて考えると、自分の知らない部分がたくさん出てきます。
分からない場合は、人に聞くのも良いでしょう。
第三者から見た自分を知ってください。

短所だけで終わらせないこと

面接では、長所と短所を尋ねられることが多いです。
短所を説明して、それっきりにならないでください。
最後に短所を言って終わりになると、悪い印象を与えます。
先に短所を説明して、次に長所を言う順番がおすすめです。
また短所を言って、克服するための努力を伝えましょう。
現在、短所を無くすために努力していることが分かれば、良い印象を
持ってくれると思います。

短所を聞かれて、素直に短所だけ言うことは控えてください。
人間は誰だって短所を持っているので、それ自体は何も問題はありません。
ですが短所だから仕方ないと諦めて、放っておくのは良くないことです。
長所で補うのも良いでしょう。
すると長所が相手に、さらに伝わりやすくなります。