転職する時は外見が重要

清潔感のある服装をしよう

基本的に、面接に行く時はスーツを着用します。
シワがあったり、ホコリが付いていたりすると印象が悪くなります。
部屋に入って来て、悪い見た目の印象を与えてしまうと、これから好感度を上げるのが非常に難しくなります。
自分が優秀な才能を持っていることをアピールしても、外見の汚さが気になって採用を見送るかもしれません。

面接官は、見た目で人間性を判断しています。
清潔感を持っていない人間だと、性格に問題があると思われます。
かっこよくしたり、かわいく見せたりする必要はありません。
清潔感のある服装を心がければ、第一印象が悪くなることは無いので面接が上手くいきます。
面接の特に着るスーツが汚れていないか、必ずチェックしましょう。

髪形やメイクを意識しよう

男性は、髪形をきちんと整えてください。
ボサボサな頭では、身だしなみが整っていないので悪い印象を与えます。
男性も女性も共通して言えることは、髪の毛の色です。
明るい色に染めていると、あまり良い印象は与えません。
会社によっては、髪の毛を染めることを禁止しているところもあります。
できれば染めないで、そのままの髪色で面接に挑んでください。

女性はメイクを意識しましょう、
面接に行く時は、派手なメイクはおすすめできません。
ナチュラルメイクが好まれると言われています。
普段派手なメイクばかりしている女性は、急にナチュラルメイクをしようと思ってもできないと思います。
面接に行く前、何度かナチュラルメイクの練習をしましょう。