クリアするポイントを調べよう

この会社を選択した理由を述べよう

面接の時は、必ず志望動機を聞かれます。
適切な答えを用意しておきましょう。
返答に困ると、採用してもらえなくなります。
経営方針が自分の考えに合っていた、また自分の能力を活かせると思ったからなど、具体例を述べましょう。
相手に分かりやすく説明できるか、という部分を面接官は見ています。

説明が下手だと、仕事を任せても周囲と上手くコミュニケーションが取れなくて仕事が滞ってしまうと判断されます。
すると不採用になるので、具体的に説明することを忘れないでください。
絶対に聞かれる質問なので、事前に答えを考えて練習するのも良い方法です。
練習すれば緊張も軽減するので、スラスラと志望動機を言えます。
特に緊張しやすいなら、練習してください。

自分にできることを伝えよう

新入社員を採用する時は、志望動機だけが重要視されます。
しかし転職する時は、それだけではありません。
その人が持っている能力も重要視されると覚えておきましょう。
こんな仕事をしたいという、理想を語るだけではいけません。
実際に仕事を任せられた時は、能力を活かして進められるとアピールしましょう。

資格を持っていれば、忘れずに伝えてください。
短い面接時間の間で、できることを全て伝えるのは難しいです。
資格を持っていれば、簡単に自分のできることを相手に伝えることができます。
転職する時に活かせる資格を、いくつか獲得しておくのもおすすめです。
パソコン関係の資格や、ビジネスマナーの資格を持っていれば採用されやすくなります。